採用情報

エンジニアが真に楽しめる環境で
機械学習領域において世界を動かすサービスを開発する

代表メッセージ

はじめまして。株式会社A.I Consulting代表の高橋ケンです。
私たちは、「機械学習領域のテクノロジーを追求することで、新たな価値を創造するエンジニア集団」を目指しています。
日本のエンジニアはその価値に見合った対価を受け取れる環境ではなく、本来もっと評価されるべきであると考えています。

世界的に見ると、エンジニアは仕事の価値に応じて、時に莫大な報酬を受け取れる環境があります。しかしながら、日本におけるエンジニアは、世界トップクラスの技術があったとしても、いちサラリーマンの域を出ない報酬しか受け取れないように思います。
このような背景から、私は「エンジニアが自分の得意領域や研究分野を伸ばせる環境を創り、エンジニアがもっと評価される世の中にしたい」と考え、株式会社A.I Consultingを起業しました。

当社では現在、機械学習を専門とするテクノロジー企業として、外資系・日系を問わず大手の金融関連企業を中心にご支援しています。そのため、どこかで成功した事例のコピーのような開発は基本的に行いません。クライアントが求める真のニーズに対して価値を提供することを追求しているため、「世の中に新しい『何か』を生み出す」という起業家精神ともいうべきマインドを持ったエンジニアの集団でありたいと思っています。

例えば、年収500万円の社員が100名いる企業より、年収1億円の社員が5名いる企業でありたいと考えています。そのためには、一人一人が経営者的な視座を持って事業を担当してほしいと考えています。具体的には、開発プロジェクトや事業を子会社化し、社員にはストックオプションを出すことで、売却益を得られる仕組みを整備しています。

エンジニアとして小さくまとまらず、どんどんアイディアを出し、主体的にプロジェクトや事業を動かすことで、エンジニアとしての価値を高めて頂きたいと考えています。
私は、A.I Consultingの代表として、社員としてジョイン頂いたエンジニアがどこまで楽しめるかを追求するプロセスを支援することが、最も重要な役割だと考えています。

こういった考え方に賛同いただけるエンジニアの方のジョインを待っています。

A.I Consultingが評価する人材像

自主性が高く、自分の限界を決めない方

上下左右問わず、他社員の業務領域にもどんどん関わっていく方

変化を受け入れて、変化を楽しみ、成長できる方

クライアント・社内の要求に対するアウトプットの高い方

横の関係性において、どこまで良い影響を及ぼせるかを追求できる方

プライドが高く、高みを目指せる方

「出る杭」となれる方

譲れないものを持ってる方

PEOPLE

CEO

シニアマネジャー/
エンジニア
(インタビュー)

コーポレート
(インタビュー)

VALUE

自分のエッジを伸ばせる会社

機械学習ビジネスの世界的な潮流に目を向けると、大手金融機関がビッグデータを活用した効率的な運用を狙い、機械学習技術を積極的に取り入れています。また日本では、人口減少傾向時代の労働力の担保という注目を浴びています。
機械学習はあらゆる分野において、これまで人間が担っていた業務を、より高精度に、より効率的に運用していくために今後更に進化していく将来性のある領域です。この領域において「エンジニアが楽しんで自分の研究領域・得意な領域を伸ばせる会社」として A.I Consultingを創業しました。

クライアントから直接「ありがとう」が聞ける会社

私達は「クライアントと直接取引をする」事にこだわっています。開発とセールスの距離が遠いと開発成果も見えにくく、次第にエンジニアには苦痛が増していきます。やりがいや効力感を感じられるために、クライアントからの「ありがとう」を直に聞ける環境が私達にはあります。

破格の報酬を得られる会社

日本のエンジニアの報酬は、アメリカの水準から考えるととても低いと私達は感じています。シリコンバレーのTOPエンジニアは、その技術力で時に高額の報酬を受け取ることも珍しくありません。本来は価値への対価は、その影響力に比例して然るべきです。A.I Consultingでは、実力のあるエンジニアには例え若手であっても1000万円以上の年収を支払い、関わった開発プロジェクトを売却する際には、その売却益を報酬として受け取れる仕組みを実現しています。

キャリアパス

A.I Consultingでは、ご経験に応じて入社時にランクが設定されます。
入社後は、半期に一度評価面談の際に、人事評価に並行してキャリアパスについても上長と話し合いを行います。

【A.I Consultingでのキャリアパス】 A.I Consultingには、大きく2つのキャリアパスがあり、エンジニアとして技術を突き詰めていく「エキスパートコース」とプロジェクトマネジメントや事業会社のマネジメントを行う「マネジメントコース」があります。

エキスパートコース

アシスタント→エキスパート

マネジメントコース

アシスタント→プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー→事業会社社長

お問い合わせ

info@aiconsulting.tokyo