採用情報 - 社員インタビュー

機械学習に強みを持つからこそ、実験的手法・新技術を使った仕事で報酬を得られる環境


氏名
森江太郎
入社
2015年7月
ポジション
CTO
出身校
名古屋大学大学院情報科学研究科 複雑系科学専攻
前職
大学院を卒業後、日本電気株式会社にて4年間システムエンジニアとして勤務
なぜA.I Consultingに入社したか?

友人づてに、ニューラルネットワークを使ったシステムの開発ができる人間を探しているとコンタクトがあり、しばらくの間一緒に働いてみて、機械学習への顕在・潜在ニーズがあることと、代表のビジネスと技術に対する考え方に惹かれて入社を決めました。
現在は、まだ会社の規模が小さく開発リソースが限られているため、大きな収益に繋がる開発に絞らざるを得ないのですが、実験的な手法を積極的に行えること、興味深い対象領域であることが両立していることは、大企業では経験できないことです。

働く中で感じている充実感はどんなことか?

各種統計的機械学習やモデリングの手法を用いて実際のデータにアプローチし、上手く適用できたら給料という形で自分に跳ね返ってくるというのは非常に楽しい経験です。
機械学習に強みを持つ弊社以外ではなかなか出会うこともないような案件の相談を受けることもあり、世界の広さを感じられます。何より、新しい技術を使った仕事により報酬を得られる、という実感が持てるエンジニアはそういないのではないでしょうか。
また、A.I Consultingではプロジェクトについて独自の考え方を持っており、開発プロジェクトを新会社化し求める会社に売却するモデルを採用しています。つまり、プロジェクト自体が商品・サービスと考えています。そのため、プロジェクトに関わっている社員は新会社の株を持つため、新会社売却時に売却益を得るため、一般的な会社員では得られないような報酬を得ることが可能です。こういったエンジニアの価値に報いるという会社運営の考え方もA.I Consultingならではのものです。

今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

自らの好奇心を満たしながら、成果に応じて報酬がもらえるというのは、なかなかできない経験ではないでしょうか。もし貴方が知識・技術の応用先を求めているのであれば、弊社はそれに応えつづけることができるかもしれません。
就職し確立されたレガシーな技術をメインに開発しているけれど今後は既定路線を行けばいいわけではないことに気づき始めた方や、機械学習に近い研究室出身で現在勤務する大手SIerではその知識を活かせず改めて技術を追求し活かしたい方には、生き生きと働ける環境であると思います。
その他、様々な領域が対象となるので好奇心旺盛で前向きな方、また、精度・正解率を高めることが求められる対象も多いため、最先端の知識や様々なアイデアを試しつづけてみたい方にとっても、非常に向いています。

ブロックチェーン・機械学習領域に特化した環境で自分の好奇心・得意分野を仕事に活かす


氏名
稲生俊宏
入社
2018年7月
ポジション
ソフトウェアエンジニア、PM、シニアマネージャー
出身校
慶應義塾大学 総合政策学部(農業xIT・組織・人材・キャリア専攻)
前職
学生時代からアルバイトとして創業間もない株式会社エクストーンに入社。
ソフトウェアエンジニアとして勤務し、プロジェクトマネージャーまで経験。アルバイト期間含む12年在籍。
なぜA.I Consultingに入社したか?

前職は、大学の先輩に誘われて学生時代からずっと働いていました。環境・事業内容共に不足はなかったのですが、自分の能力の幅をもっと広げるために、これまでと違う環境での経験を積みたいと考えて転職することに決めました。
A.I Consulting入社の決め手は、ブロックチェーン・機械学習領域に特化しているということでした。その領域は、前職の事業領域ではなかったのですが、プライベートで学び続けていた領域だったので、自分の好奇心を仕事に生かすチャンスだと思いました。

働く中で感じている充実感はどんなことか?

まず、内部・外部含め、優秀なメンバーが多く、日々良い刺激を受けていることです。国内外の社外メンバーとも連携して開発を行うなど、ボーダレスに動けますし、新しい事業へのチャレンジをゼロから考えられることも多く、自分の能力の幅を広げたいという思いは充分満たされています。
また、大抵のことはSlackや口頭で代表に相談すればすぐに承認が下りますし、意義がわかりにくいルールや制度もないため、モチベーション高く働けています。

今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

A.I Consultingは、いかにもベンチャーのようなイケイケ系の会社でも、お堅い会社でもなく、純粋に自分の得意分野に楽しく取り組むことができる会社です。ものごとを突き詰めて考えられる方には向いていると思います。ただ、研究者ではないので、周囲の人とコミュニケーションを取りながら、仕事を進める能力も必要です。
中途採用で入社される方には、多方面でチャレンジできる環境なので、これまでの経験を生かしつつ、一緒に成長する意欲のある方を期待しています。
新卒採用で入社される方には、基本的に何らかのバックグラウンドがあると、社内でも自分の特徴が出せて良いと思います。今、自分に何ができるか分からない方でも、それをサポートし成長させてくれるスタッフが多いと思います。
インターンで入社される方には、自分の今の能力で実践・チャレンジしてみたい方、何か猛烈にやりたいことがある方にお勧めしたいです。学生生活だけではできない、技術やビジネスの面でいろいろな発見や経験ができるかもしれません。
インターンとは言え、自分の時間を使ってやるからには、お互いに実りのある時間にしたいですね。

少数精鋭でありながら金融業界の大企業を相手に技術を提供する会社を支える仕事の醍醐味


氏名
染谷陽子
入社
2018年8月
ポジション
総務担当(管理部門全般)
なぜA.I Consultingに入社したか?

A.I Consultingに入社する前は、様々な業界の事務職として働いていました。営業職も経験しましたが、これまでのキャリアから事務職として働くことの方がモチベーションがあがり、仕事を楽しめると感じていました。A.I Consultingでは、会社全体の事務全般に携われるということだったので、お話を頂いてからすぐに入社を決めました。実際に働いてみると、少数精鋭のため、一人当たりの仕事の範囲が大きいということはありますが、社員が非常に穏やかで優しく、人間関係も良好で働きやすい環境だと感じています。

働く中で感じている充実感はどんなことか?

会社としては、スタートアップの時期であるため、人数もさほど多くありませんが、社長の人脈も含め、現在の案件獲得の状況を見ていると、社員の増員は不可欠であると感じています。今後社員の人数が短期間で増えることは容易に想像できるため、今は一つの仕事に時間がたくさん使える状況なので、今後の組織づくりの観点からもっと他にできることはないか模索中しています。今も様々な仕事をさせて頂き充実感を感じていますが、今後更に充実感を持てるよう、自分からの発信を増やしたり等、より努力していきたいと考えています。

今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

少数精鋭の会社で働くことは、もしかしたら大企業で働くよりも数倍大変かもしれません。しかし、待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢でいれば、これ以上楽しいと思える環境もないのかもしれません。会社を一緒に創っていく一員であると感じながら働けることは純粋に楽しいです。A.I Consultingには、社員、インターン、業務委託など自分に合ったそれぞれの立場で仕事に関わる事が出来る環境です。A.I Consultingに興味を持たれた方には、自分に合ったスタイルで働いて頂きたいと思います。

お問い合わせ

info@aiconsulting.tokyo